近江商人のふるさと
近江商人の理念・
日野商人とは
湖東商人とは
八幡商人とは
日野エリア
五個荘エリア
近江八幡エリア
はじめての近江商人さんぽ
 
HOME
日野商人
 

 八幡商人にやや遅れて登場したのが日野商人です。琵琶湖岸から遠い日野にも、中世から日野市があり、蒲生氏の城下町として楽市令が布かれ、諸役免除の特典を与えられ、商工業が栄えました。蒲生氏郷の伊勢松坂や会津への領地替え以後も、蒲生氏と日野町民の関係は密接でしたが、寛永年間蒲生家の断絶により日野は一時活況を失いました。
しかしそのことが逆に奮起をうながし、地場産業の日野椀や売薬、帷子、小間物をもって全国へ行商することが盛んになりました。なかでも正野玄三の売り出した「万病感応丸」は携帯商品として大ヒットとなりました。いわば劣勢を逆用した日野商人の行商開始期は、江戸時代という社会が形を整えて回転し始めた時期であり、最初の繁栄期である元禄前後の地方の人々の生活向上の波に乗って商勢が伸展したのです。

中井源左衛門画像
 

 日野商人は諸国商品流通の便益を提供するものとして幕府の公認するところとなりました。日野商人は元禄3年(1690)、幕府による売掛代金の回収保証と東海道・中山道における特約旅館制度を二本の柱とする、日野大当番仲間を日野町の全商人を集めて結成しました。そして主に東北・関東・東海道と、京阪の間を商圏としながら、行商と店舗開設による活動を広げていったのです。とくに日野商人の店舗は、「日野の千両店」と呼ばれる、出先の商人との共同出資(乗合商内)のかたちをとった小規模であるが沢山の店舗をかまえ、それを前進基地としていくことに特徴がありました。

 
万病感応丸 昭和5年の日野商人の出店の分布

日野まちかど「感応館」へは、近江鉄道日野駅より、バス利用で西の宮下車すぐ 。

近江日野商人館

 日野商人・山中兵右衛門の旧宅を資料館にしたもの。「八幡表に日野裏」の言葉どおり日野商人の屋敷は、表側は冨を誇示することなく厳格さとつつましい生活態度がよく現れています。館内には行商品や道中具、家訓などを展示。
料金/大人300円・小人120円、休館日/月・火曜日(祝日の場合は水曜日)、年末年始

 
日野まちかど感応館
(旧正野薬店)

 日野椀に代わり日野商人の行商の主力商品となった合薬「万病感応丸」の創始者正野法眼玄三の薬店。店内には薬製造の道具などが展示されているほか、喫茶コーナーもあり、観光案内の拠点施設となっています。
休館日/月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

 
近江日野商人ふるさと館
(旧山中正吉邸)
日野商人山中正吉家の本宅で、美しい庭園をそなえた数寄屋風書院造りの屋敷やモダンな洋間など見所がいっぱいです。座敷では日野の伝統料理をお召し上がりいただけます(予約制)。
入館料/300円、休館日/毎週月・火曜日(祝日の場合は水曜日)、年末年始
 
馬見岡綿向神社

 日野町の最高峰である綿向山(標高1,110m)の頂上に鎮座していましたが、平安時代初期に現在の地に移され、蒲生上郡の総社として信仰を集めました。その後、当地を支配し城下町を築いた蒲生家が氏神として庇護し、さらに江戸時代、日野商人が出世開運の神として崇敬しました 。

 

日野観光協会〉
TEL.0748-52-6577
http://www.hino-kanko.jp/
https://facebook.com/
hinokankou

 
 

HOMEサイトマップ

【近江商人ゆかりの町連絡会】

近江八幡観光物産協会 TEL.0748-32-7003 / 東近江市観光協会 TEL.0748-48-2100
日野観光協会 TEL.0748-52-6577 / 近江鉄道(株)鉄道部運輸課 TEL.0749-22-3303

近江商人のふるさとブログ
Copyright (C) OMI-SYONIN. All Rights Reserved.