2015年1月アーカイブ

"おみ漬け"について 


こちらは、山形県の郷土料理の"おみ漬"。青菜を細かく刻み、他の野菜とともに漬けた漬物の一種です。東北地方で活躍していた"近江商人"が伝えたとされることから、近江漬け(おみ漬け)と呼ばれるようになったようです(決して贅沢な漬物ではなく、野菜の切れ端などを混ぜて作られています。勿体無い・始末する「近江商人」らしい食べ物です)。ただ、地元の滋賀では食べられていませんし、あまり知られてもいないのが残念です。

IMGP0223.JPG


正野家雛人形2.jpg

昭和のはじめにタイムスリップしたような、どこか懐かしさを感じる日野の街並み。そんな街角や商家に、江戸時代から現代にいたるまでのお雛様や創作人形が飾られます。今年は万病感応丸創始者「正野玄三家」に伝わるお雛様(写真)初公開!華やかでほほえましい雛人形との出会い...。ゆったりとした日野のまちにぜひお越しください。

【期間】

平成27年2月8日(日)から3月8日(日)

【会場】

近江日野商人館・日野まちかど感応館他、大窪ギンザ商店街から馬見岡綿向神社までの町並み一帯。(正野玄三家のお雛様は、日野商人館にて展示。)

★「日野ひなまつり紀行」ツアー参加者募集中!

詳しくは...

http://www.biwa.ne.jp/~hino-to/img/old/hina-tour.pdf

 

近江商人と三方よしの発行について 

1書籍『近江商人と三方よし』.jpg近江商人をルーツに持つ企業は数知れない。その多くが江戸時代より活躍し、今日、繁栄を築いている。その秘訣こそ「三方よし」の思想にあると近江商人研究の第一人者である著者は説く。
「売り手よし、買い手よし、世間よし」。相手や世間の利益を第一に考え、有事の際には身銭を切る。そうした姿を、伊藤忠兵衛(伊藤忠商事?の創始者)など例に紹介する。企業永続のための普遍の心理を収めた経営者必読の一冊です。

著 者 末永國紀        発 行 モラロジー研究所
発効日 2014年12月22日 単行本 319ページ
価 格 2160円        その他 全国の書店やアマゾン等でお買い求めできます。

人形の修理相談会(見学会)のお知らせ

fukuda2.JPG

皆さまのお家に大切にされている雛人形、五月人形、市松人形、御所人形他、大切な

人形が痛んでしまってそれが修理可能なのか、どれくらいの費用がかかるのか、どこへ

頼んだら良いのか、このようなお客様の悩みに、京都の人形制作に携わる職人衆の

ネットワークである「人形修理職人ネット・福田匠庵」が無料で相談に乗ります。

又、人形職人の仕事ぶりを生でご覧いただけるよう人形制作の実演会も同時に開催します。

と き 3月7日(土)・8日(日) 10時から16時 

ところ 旧伴家住宅(市立資料館前 近江八幡市新町3丁目15) 電話0748-32-1877

主催 人形修理職人ネット・京都福田匠庵

 (事前の相談や見積り、予約等々も受付けています)お気軽にお尋ねください。
 京都市下京区六条通り烏丸東入仏具屋町164 TEL:075-351-6917 FAX:075-351-2068

協力 近江八幡観光物産協会

アイテム

  • IMGP0223.JPG
  • 正野家雛人形2.jpg
  • 1書籍『近江商人と三方よし』.jpg
  • 書籍『近江商人と三方よし』.jpg